スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違えやすい持ち方の解説

フリンゴ(Flingo)を買って、さあ始めよう!という方に
とっても大事なのが持ち方です。


この持ち方を間違えたまま遊んでる人が多いです。



フリンゴは持ち方を間違えると、
楽しさが半減してしまうくらい大事な要素です。



ここでは、写真と動画でフリンゴの持ち方を解説します。


持ち方1 
1.首にかけた状態で、両手首までしっかり通します。

持ち方2 
2.親指を立てて

持ち方3 
3.クロスの裏に引っ掛けます。

持ち方4 
4.クロスの裏を親指で押し出すように握って終了です。


こんな持ち方の人いませんか?
これだと、ボールが飛ばず楽しくないですから要注意です。
持ち方間違え1
親指をひっかけるだけ

持ち方間違え2
手首を通さず握ってる


持ち方をマスターしたら、
スキルアップ1stステップで練習開始

持ち方がわかりにくい方は、動画でご確認下さい。

スポンサーサイト

theme : マイナーなスポーツ
genre : スポーツ

プロフィール

hassy

Author:hassy
 
フリンゴの楽しさを一人でも多くの人に体験してもらいたいと、体験会や講習会など普及活動に飛び回っています。

・フリンゴ暫定世界チャンピオン→挑戦者募集中!

・日本フリンゴ協会S級インストラクター

カテゴリー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
訪問者数
Facebookページ
フリンゴ動画
Twitter
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
mixi
ご協力お願いします
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。